· 

YADO紹介 by まるちゃんその①

脚本家志望でYADOのリピーターであるまるちゃんこと円ちゃんが、YADOってどんなゲストハウス?どんな出会いや体験が得られるの?ということを3回に渡ってブログで紹介してくれます。 第一弾はYADOの施設概要です!

↓↓↓↓↓

 

こんにちは、丹野円ことまるちゃんです!

記事の内容に入る前に、少し自己紹介をさせてね。

 

↓自己紹介↓

・脚本家志望

・21歳

・県内在住

・東北学院大学経済学部経済学科第3学年

・復興庁主催の復興創生インターン繋がりでラボのことを知り、スタケーションで参加して以来、石巻にどっぷり(去年10月からだから、ちょうど歴半年ぐらい!)

YADOにはもうかれこれ、20泊以上お世話になってまーす!

もはや常連と言ってもいいのでは?!

そんなわたしから皆に向けて、3記事に渡って、YADOについて改めて紹介するね!

今日は、YADOについて基本的なことを改めておさらいしていくよ!

 

目次

1.Active Life Labとは?

2.「環境優先型のゲストハウス」Active Life -YADO-

3.部屋紹介・料金について

4.施設紹介

 

 

 

1.Active  Life  Labとは?

 

環境活動家が提供する“楽しい生き方研究所“。それが、Active Life Labだよ。

 宮城了大所長をトップにして、2つの事業を営んでいるんだ。

 1つ目が、「はしゃぎ方訓練施設」Miyagi Outdoor Lab。環境貢献意識を養うための第一歩として、サップやカヌーのアクティビティを通して、自然を好きになってもらうことを目指しているよ。

 2つ目は、「環境優先型のゲストハウス」Active Life -YADO-。了大所長が、地球環境について学べる“場“を提供するための拠点になっている宿泊施設。石巻の面白い人たちと、全国から集まってくる宿泊客の交差点になるような、そんなゲストハウスだよ。

 

 これからまるがお届けする3つの記事では、特にYADOについて取り上げて書いていくよ。次は、YADOについてもう少し詳しくお伝えするね。

Labのスタッフたちは、次のような想いの元で、日々ゲストハウスを運営してるみたい。

 

2.「環境優先型のゲストハウス」Active Life -YADO-

 

石巻市は渡波、海沿いにあるちょっと小洒落たゲストハウス。2019年7月生まれのピチピチの施設なんだ。

オンシーズンには、YADOが提供するアクティビティプログラムを楽しみにたくさんのお客様で賑わうよ。6月〜9月末はSUP、それ以外の期間ではカヌーを楽しめるよ。

↑所長自ら指導してくれます。 

 

「Active life -YADO-」は3つの "e" 地球環境(earth) 楽しさ(enjoyment) 経験(experiences)を柱に、環境問題について学べる場所を目指しています。 

 人と自然をつなぐこの場所を環境のために小さなアクションを起こすきっかけにして欲しい。そして人と人をつなぐこの場所から、様々な環境問題に対してアプローチできる仲間を増やしたい。

そんな思いから『環境優先型のゲストハウス 』は生まれました。」

(サイトより引用https://www.activelifelab.com/guest-house/)

施設内には、キッチンやコンポスト、プランターや書籍など、環境問題について触れられる仕掛けがいっぱいあるよ!

自然を目一杯楽しみながら、了大所長と一緒に「地球のこれから」を考えてみるのはどうかな?

 

  

 

 

3. 部屋紹介・料金について

 

YADOでは、部屋タイプが3つ用意されてるよ。

どの部屋も、冷暖房・Wi-Fi完備!

 

・男女混合3人ドミトリー  

3,800YEN(1名利用)

ドミトリーは二段ベッドだけど、寝心地よし!

カーテンで仕切ってしまえば、個室以上の安心感。お気に入りの空間。

思ったより、共同生活のストレス感はなかったなぁ。

 

・ツインルーム

4,800YEN(2名利用1人当たり)

8,200YEN(1名利用)

 

フカフカのシングルベッド。

休むときは個室がいいな〜って方にはこの部屋をお勧めしたいな。

 

・ダブルルーム

4,600YEN(2名利用一人当たり)

7,800YEN(1名利用)

 

 

大切なひとと二人っきりもよし。

贅沢に一人で寝てしまうのもよし。

はー、彼氏欲しい。

最大18人宿泊可能で、一棟貸しもやってるよ。

貸切にして、身内だけで楽しむのも良さそう!

一通り泊まってみたんだけど、どの部屋のベッドも何故か、やたら寝心地がいいよ。不思議。

 

 

4.施設紹介

・コミュニティスペース

 

最初はオシャレすぎて身がすくんでしまったけど、通ううちに慣れちゃった。椅子の高さやソファの座り心地が絶妙。照明が綺麗だから、何を撮影しても美しく映えちゃう。オシャレだけど過ごしやすい素敵空間。好き。

 

・シャワー・トイレ(男女別・共同利用)

シャンプーとリンス、ボディソープ。ドライヤー完備。

タオルは有料で貸し出しがあるよ。

よく部屋から持っていくのを忘れちゃうので、皆さんもどうかお気をつけて。

・洗濯機・乾燥機(有料)

・シェアキッチン

実は、YADOの前身はスペイン料理のレストラン。プロ仕様の広々としたキッチンで思いっきり料理ができるんだ!YADOの個人的推しポイントの一つ。

・共用パソコン

・Wi-Fi

・ウォーターサーバー

・レンタル自転車(300円)

近くにパン屋さん、カフェ、海なんかがあって、散歩しがいのある土地だよ!

 

次の記事では、YADOにいると、できること・起こることについて紹介していくね!今回少しだけ話にも出たアクティビティの詳細については、以下のリンクからも確認できるから、待ちきれない方はこちらからどうぞ!

 

じゃ、また!

 

まるちゃんがお送りしました〜! 

 

#ゲストハウス #宮城県石巻市 #環境問題 #中期滞在 #長期滞在 #旅 #ワーケーション #SUP #カヌー #環境活動家 #貸し切り #合宿 #スタケーション